日本外傷学会雑誌32巻1号(オンラインジャーナル)公開のご案内

2018年1月20日


 2018年1月20日に、日本外傷学会雑誌32巻1号(Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma, Vol.32, No.1)が、オンラインジャーナルとしてJ-STAGE(科学技術情報発信・流通総合システム;独立行政法人科学技術振興機構)に公開されました。
 J-STAGEへ登載された論文は会員以外の方にも閲覧可能となっております。より多くの臨床医・医学研究者の方が本学会雑誌の論文を目にすることになりまので、益々多くの論文をご投稿くださいますようお願い申し上げます。

一般社団法人 日本外傷学会
編集委員会委員長 大友 康裕



日本外傷学会雑誌32巻1号

臨床検討
Gustilo分類type IIIB下腿開放骨折における有茎筋皮弁の治療経験
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東海大学外科学系整形外科学 小林 由香 他…1

MDCTによる鈍的横隔膜損傷診断の限界
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・東海大学医学部外科学系救命救急医学 大塚 洋幸 他…9

症例報告
大動脈損傷に対する胸部大動脈ステントグラフト内挿術を併用した胸腹部多発外傷の2例
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮崎大学医学部外科学講座 河野 文彰 他…14

フレイルチェストに対する下顎骨用ロッキングプレートの使用経験
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高知赤十字病院救命救急センター 原  真也 他…20

第31回日本外傷学会総会・学術集会 パネルディスカッション
「本邦における外傷センターの整備」

司会のまとめ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・りんくう総合医療センター大阪府泉州救命救急センター 松岡 哲也       
東京医科歯科大学大学院救急災害医学分野 大友 康裕…26

横浜市重症外傷センター開設後2年間の事後検証結果:当市における重症外傷症例搬送の現状と課題
・・・・・・・・・・・・・横浜市メディカルコントロール協議会検証委員会/国立病院機構横浜医療センター      
 古谷 良輔 他…29

社会に対するOutcomeを重視した外傷センター整備が必要である
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本医科大学千葉北総病院救命救急センター 益子 一樹 他…34

地方にこそ外傷センターは必要とされている -高度外傷センターでの取り組みと提言-
・・・・・・・・・・・島根大学医学部Acute Care Surgery講座/島根大学医学部附属病院高度外傷センター      
渡部 広明 他…38

DPCデータからみた本邦における施設あたりの重症外傷患者数と生存率・入院総医療費との関連の検討
・・・・・・・・・・・・・・・・・・東京医科歯科大学医学部附属病院救命救急センター 遠藤  彰 他…40




一般社団法人 日本外傷学会 The Japanese Association for The Surgery of Trauma. All rightsreserved.