| English |



■ お問い合わせ先
一般社団法人 日本外傷学会事務局
 株式会社春恒社 学会事業部内
 〒169-0072 
 東京都新宿区大久保2丁目4番地12号
 新宿ラムダックスビル
 TEL:03-5291-6259
 FAX:03-5291-2176
 e-mail:jast@shunkosha.com







日本外傷学会2018年度専門医研修施設(更新)審査および申請手続きについて

2018年8月1日

一般社団法人日本外傷学会
代表理事 木村 昭夫
専門医研修施設認定委員会 委員長 井口 浩一

 一般社団法人日本外傷学会は、2018年度の日本外傷専門医研修施設更新審査を本学会専門医制度規則および同施行細則に基づいて、下記の如く実施いたします。
 申請を希望される施設は、本学会専門医制度規則・同施行細則を確認の上、下記の要領に従って締切日までに申請手続きを行ってください。

◆専門医研修施設更新申請資格

 専門医研修施設の(更新)申請資格として、日本外傷学会専門医制度規則第9章第28条、第29条および同細則第7章第21条の各項を満たすこととします。

  1. 日本外傷学会専門医制度 規則第9章 第28条、第29条
    第28条
    専門医研修施設は、資格取得後3年ごとにこれを更新しなければならない。
    第29条
    専門医研修施設の更新を申請する施設は、細則に定める申請書類を専門医研修施設認定委員会に提出しなければならない。
  2. 日本外傷学会専門医制度 細則 第7章 第21条
    1)
    外傷専門医が1人以上常勤として勤務していること
    2)
    日本外傷データバンクの施設会員であり、AIS3以上の症例を年間50例以上、およびISS16以上の症例を年間25例以上、申請時の前年12月31日まで継続して3年以上登録していること
    3)
    死亡症例等に対するカンファレンスが行われ、記録が残されていること
    4)
    救急隊もしくは救急指令室からの電話連絡に対して医師自らが対応するホットラインを設置していること
    5)
    重症外傷患者を収容する病床及びICUを適当数有すること
    6)
    救命救急センターと同等またはそれに準ずる医療機器を備えていること

◆専門医研修施設認定期間

 施設認定の有効期間は交付後3年です。(日本外傷学会専門医制度規則第8章27条)

◆更新審査内容

書類審査

◆申請手続

申請を希望する施設は以下の手順に従ってください。

1)
施設更新申請書類並びに申請の手引を当会ホームページ(http://www.jast-hp.org/)に掲載しています。
2)
申請書提出期間内に申請書類の正副本各1通、更新審査料の振込明細書(振込の年月日が確認できる書類など)のコピーを添えて提出してください。
3)
審査料の振込は下記口座にお振り込みください。
銀行名:三菱東京UFJ銀行 (江戸川橋支店[店番060])
口座番号:普通1214504
口座名義:一般社団法人 日本外傷学会

◆申請書類

専門医研修施設の更新を申請する施設は、専門医研修施設の有効期限満了の年度内に、次の各項に定める申請書類の正副本各1通を別に定める審査料とともに、専門医委員会に提出してください。

1)
専門医研修施設更新申請書(別に定める)
2)
申請責任者(外傷専門医)の履歴書(別に定める)
3)
申請責任者の外傷専門医認定証のコピー
4)
申請責任者の常勤証明書
5)
過去3年間の外傷患者数および診療実績表(別に定める)
6)
直近1年間に行われた死亡症例等に関するカンファレンス記録(別に定める)
7)
更新審査料振込明細書のコピー

(日本外傷学会専門医制度細則第9章第23条)

◆審査料、認定登録料

専門医研修施設審査料および登録料は下記のとおりです。
更新審査料:20,000円   更新登録料:40,000円

[更新登録料は更新審査後にお振込みいただきます]
(日本外傷学会専門医制度細則第13章33、35条)

なお、既納の更新審査料および更新登録料は返却致しません。

(日本外傷学会専門医制度細則第13章34、36条)

◆申請書類提出締切日

申請書類の提出締切日は、2018年8月31日(金)【消印有効】です。
締切日を過ぎて提出された申請書類は一切受理せず返却いたします。

◆審査および審査結果

提出された更新書類をもとに審査し、理事会の議を経て判定し、認定施設に専門医研修施設認定証を発行いたします。
専門医研修施設認定証発行予定日:2018年11月1日



[PDF]更新審査申請手引き



更新申請書類フォーマット




一般社団法人 日本外傷学会 The Japanese Association for The Surgery of Trauma. All rightsreserved.